So-net無料ブログ作成

フィリピン東部の海岸沿いの町Pilarで、売られていたジンベイザメの赤ちゃんが保護される [情報]






フィリピン東部の海岸沿いの町Pilarで7日、ジンベイザメの赤ちゃんが保護されたそうです。警官と地元当局は、ジンベイザメがPilarで捕獲され売られているとの通報を受け、捜索したところ、体長約40センチの子どものジンベイザメが、尾をロープで縛られ海岸の杭に繋がれていたという。このジンベイザメはその後、沖合で放された。Pilar及び近隣の町Donsolは、保護されたジンベイザメの生育地として知られている。ジンベイザメは成長すると、体長12メートルにもなる


ジンベエザメとは、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する濾過摂食性のサメ。最大のサメとして知られている。
また、フカヒレの最高級品なんですね。

中国では、2007年に体長8.5mのジンベイザメが網にかかって、なんと、136万円の高値で取引されたんですね!

↓ちょっとグロイかも・・・
http://www.recordchina.co.jp/group/g11310.html



そうそう、だいぶ前の話だけど、恵比寿にある「魚翅酒家 筑紫樓」という高級中華料理店に行ったとき、店内に「フカヒレ・アート」が飾ってあり、すごく印象に残っている。

ちょっとグルってみたら、、、
http://www.01ch.com/gourmet/tsukushirou-ebisu.html

今でも、巨大フカヒレが飾られているんですね!

ジンベイザメをみたいなら
http://www.pacificblueasia.com/jp/tour.html#top
(このダイビングショップにジョージはまだいるのかな・・・)

なにはともあれ、ジンベイザメの赤ちゃんが無事開放されて何よりです。
大きくなれよ~[パンチ]

↓ぽちっとご協力ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。